法事でのマナー入門
ribbon

法事でのマナー入門として知っておきたいこと

仏教の法事には、大きく分けて四十九日までの追善法要と一周忌、三回忌などの年忌法要があります。また初盆や百箇日に僧侶や親族を招いて儀式を行う地域もあります。法事がお通夜やお葬式と異なる点は、あらかじめ招待のお知らせがあることで、招待された人以外が出席することはありませんし、招待される範囲も家族や親族に限られるようです。法事でのマナー入門としては、先ず出席する場合、お葬式ほど厳格ではありませんが喪服か

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

法事でのマナー入門をマスターしておこう

法事は頻繁にあるわけではないので、いざという時に慌ててしまうことがあるでしょう。自分が普段行っている作法がマナー違反になっていないかチェックしておくことをお勧めします。
インターネットや雑誌等で法事でのマナー入門を確認すると、意外なマナーに気付くかもしれません。
法事でのマナー入門で最も基本的なことは、やはり身なりでしょう。四十九日や一周忌、三回忌といった法事に参列する時の服装は、黒いスーツや喪服"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

法事でのマナー入門(装いに関することについて)

法事でのマナー入門編として法事での装いについて解説します。
男性の参列者の場合は、基本的に黒無地のスーツを着用します。
スーツはダブルであってもシングルであっても構いませんが、ネクタイは黒の結び下げで、シャツは光沢のない白、靴は光沢のない革製の物、靴下は黒を選ぶようにしましょう。
また、ハンカチや傘などの小物も色物は避けるようにしましょう。
女性の場合は、黒無地のスーツやワンピース、または地味な色"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

法事でのマナー入門を身につけましょう

法事とは追善供養をすることで、法要とも言われます。
出席される際、失礼に当たらないよう「法事でのマナー入門」を覚えておきましょう。
法事の案内が来たらなるべく早く出欠の返事をするの礼儀ですが、できるだけ参加する様にしたいものです。
出席するときはお金を包むのが一般的です。表書きは「御仏前」とします。
包む金額は、地域などによって違いはありますが、香典の50%から70%程度が目安とされています。また"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

法事でのマナー入門、案内状が届いたら

故人の冥福を祈る儀式である法事は冠婚葬祭の中でも特にマナーに注意を払う必要のある行事だと言っても過言ではありません。
法事に招かれた際には故人やその遺族に対して失礼の無いようににするためにも、また社会人のひとりとしてマナーや常識があることを示すためにもきちんとマナーを守って参列したいものです。
法事でのマナー入門にはどのようなものがあるのでしょうか。

法事でのマナー入門としてまず挙げられるのが、"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新